施工事例
K邸(岡崎市)

周りの家々への光を遮らずに自宅にも光を引き込む設計。

実家のお隣に新築をされるという施主様。ご近所の家々も近く、こうした場合、
新しい家を建てたことで実家やご近所の日当たりが悪くなり、今までの生活環境が変わってしまうという問題が起きかねません。
そこで施主様にはどのような影が出来るかご説明し、特に冬場の状況はシミュレーションを作ってご理解・ご納得いただきました。 その上で、新しい家にも最大限の光を取り込めるよう設計を工夫し、片屋根を採用しました。
また、南面一階は隣家が迫っていて窓の確保が難しかったため吹き抜けにして二階の窓から光を取り込めるようにしました。
この吹き抜けが風の通り道にもなり、家全体の湿度・温度を一定に保ち、
冬は暖かく夏は涼しいパッシブな家の実現にも一役買っています。




>施工事例一覧ページはこちら




原田建築